ザイアンスの法則

こんにちは。今日は、ザイアンスの法則について書きたいと思います。ザイアンスの法則という用語を聞いたことがない方は多いのではないでしょうか?

実際、私も経営の勉強をし始めてから、知った用語です。では、ザイアンスの法則とはどのようなものなのでしょうか?

ザイアンスの法則は、単純接触効果という研究結果から導き出された心理学のテクニックを使っています。

単純接触効果とは、繰り返し接することで、人間は他人に対する好意度や印象が高まるということです。

よって、苦手な上司や全く話を聞いてくれないお客さんのような自分が少し苦手とする人にこそ、繰り返しアプローチするべきということになります。

では、ザイアンスの法則の内容を見ていきます。

①人は知らない相手には攻撃的かつ冷淡になります。
②人は相手に会う回数が増えれば増えるほど好意を持ちます。
③人は相手の人間的側面を垣間見た時に好意を持ちます。

つまり、これをまとめると、人間は知らない相手には冷たくするので、何回も顔を合わし人間的に交流することで、親しさが生まれるということです。

これは、仕事場だけでなく、プライベートにも使えます。
電車で、見知らぬ人から急に話しかけられたら怖いですよね??

しかし、毎日同じ電車に乗ってて、帰る時間もほぼ同じ人から話しかけられたらどうでしょうか??
多少違うのではないでしょうか?
それは、毎日顔を合わせてるからだと考えられます。

今日は、ザイアンスの法則について書きました。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です