商品構成の原則

こんばんは。今日は、商品構成の原則について書きたいと思います。

商品構成を行う上で、気をつけないといけないことが2つあります。

まず1つ目は、分類した各グループを100とするということです。

2つ目は、商品構成をパーセンテージで考えるということです。

この2つは必ず守る必要があります。

次に、商品構成の階層について説明します。

商品構成の階層として、7段階あります。

グループ、デパートメント、ライン、クラス、サブクラス、アイテム、SKUの7つです。

順番に説明していきます。

まずは、グループです。グループとは、最も大きく分類した商品区分の単位のことを示します。

次に、デパートメントです。デパートメントは、グループを少し具体的に分類したものを指します。

3つ目は、ラインです。ラインとは、デパートメントをより具体的に分類した単位のことであり、機能別に分類した商品群のことを示します。

4つ目は、クラスです。クラスとは、顧客が便利に選べるような品種で分類された単位のことです。

5つ目のサブクラスは、クラスの分類だけでは顧客のニーズに応えることが難しいので、そのような場合に設ける単位です。

6つ目は、アイテムです。価格帯やブランド別などで、明確に区別できるような共通性を持った品目を示します。

最後は、SKUです。SKUとは、絶対単品です。つまり、色別や容量別、形状別や価格別のように、それ以上細かく分類することができない最小の単位を示します。
以上が商品構成の階層になります。

今日は、商品構成について書きました。

ありがとございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です