模倣を防ぐ方法

こんばんは。今日は、競合他社による模倣を防ぐ方法について書きたいと思います。

模倣とは、自分で作り出すのではなく、既に完成しているものを真似ることです。

では、なぜ模倣を防ぐ必要があるのでしょうか??

理由は簡単です。模倣をされてしまうと他社との差別化ができなくなるからです。

模倣されてしまうと、他社に利益を奪われかねないのです。模倣に弱い差別化は、持続的競争の優位は期待できません。

優秀な商品やサービスがあれば、自分たちも真似したいと思うのが世の常です。ましてや、その優れた商品が他社と差別化されており、市場内においても人気商品の場合は、模倣されやすいです。

模倣によって利益を奪われない為にも、模倣を防ぐ方法を常日頃から意識することが大事になってきます。

では、他社による模倣をどのようにして防ぐことができるのでしょうか?

模倣を防ぐ為の方法として、主に2つ挙げることができます。

①模倣にコストや時間がかかる

まず1つ目は、模倣を行う上でコストや時間がかかる場合です。この場合は、競合他社による模倣を防ぐことができると考えられます。

模倣は、模倣する商品が市場において人気がある間に行わなければなりません。よって、模倣に時間がかかる場合はリスクが勝ってしまうので模倣されにくいです。

また、模倣することによって利益を上げれるとは限りません。よって、模倣に莫大なコストがかかる場合は、模倣されにくいと思われます。

②模倣の方法がわからない

2つ目は、模倣の方法がわからない場合です。模倣しようとしている商品を製造しているメーカーが、企業内で時間をかけて、製造法を開発した場合は、模倣することが困難になると考えられます。

例えば、ラーメン屋の秘伝のたれなどがこれにあたります。このラーメン屋の店主は、秘伝のたれを作るのに10年かかりました。

このような場合は、作り方を完璧に真似することは難しいです。
よって模倣は困難です。
今日は、模倣を防ぐ方法について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です