戦略的フィットで競争優位を狙え!

こんばんは。今日は、戦略的フィットについて書きたいと思います。

戦略的フィットは、模倣に強いバリュー・チェーンを生み出す際に、重要になります。

では、そもそもバリュー・チェーンとは何でしょうか?

バリュー・チェーンは、主活動と支援活動から成り立っています。

主活動とは、購買物流、製造、出荷物流、販売及びマーケティング、サービスから構成されています。

一方、支援活動は、調達活動、技術開発、人事及び労務管理、全般管理から構成されています。

この2つの活動に、価値やマージンが付加される流れのことをバリュー・チェーンと呼びます。

日本語訳では、バリュー・チェーンのことを価値連鎖と言います。

このようにバリュー・チェーンは、独自の活動やその活動の連結から構成されます。

戦略的フィットは、バリュー・チェーン内の相互の価値活動を結びつける役目を担っているのです。

戦略的フィットを実現するために、必ず行わないといけないことがあります。
それが、各価値活動と全体の戦略との一貫性です。

一貫性を共有することで、価値活動同士を密接に結びつけることができます。
ここで、戦略的フィットの例を挙げてみたいと思います。

(ワイヤレスイヤホン)

A社は、スポーツするのに最適!というキャッチフレーズを掲げ、ワイヤレスイヤホンを販売しています。

A社は、スポーツ競技者をサポートするという一貫した理念があります。

その理念のもと、スポーツを行うときに最適なワイヤレスイヤホンの製造を行っています。

主活動及び支援活動の各価値活動において、スポーツに最適な機能は?重さは?部品は?広告の仕方は?といったことを常に考えて、商品製造を行っています。

よって、各価値活動にて、密接な関係を築くことができました。(戦略的フィット)

その結果、
・走った際に、イヤホンがズレない構造
・防水機能
・振動で、音が乱れない

といった機能を付け加えたワイヤレスイヤホンの製造に成功しました。

競合他社も、A社の戦略を模倣し、スポーツに最適なワイヤレスイヤホンを発売しましたが、売れ行きがイマイチです。

なぜでしょうか??
答えは、簡単です。

競合他社は、A社の戦略的フィットまで模倣することができなかったからです。模倣できなかったというより、戦略的フィットに気付けなかったという方が正しいかもしれません。

以上のように、戦略的フィットを意識することによって、他社からの模倣を防ぐことが可能になります。

また、各価値活動にも影響し、プラスの成果を上げることができます。

今日は、戦略的フィットについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です