過疎化に潜むビジネスチャンス

こんにちは。今日は、過疎化に潜むビジネスチャンスについて書きたいと思います。

現在、日本において、少子高齢化と同じくらい問題になっているのが過疎化です。

今後、東京、大阪、名古屋といったいわゆる3大都市圏へ人口が集中していき、これと同時に過疎化の進展が並行して進むことが想定されています。

そもそも過疎地域とは、どのようなものなのでしょうか?

過疎地域とは、ある地域の人口が減ることによって、生活水準や生産機能の維持が極めて難しくなってしまう状態にある地域のことを示します。

このような過疎地域において、問題になっているのが買物弱者と呼ばれる人々です。

買物弱者とは、流通機能や交通機能の弱体化によって、食料品といった日常の買物が困難な状況に置かれている人々のことです。

では、なぜこのような買物弱者が増えてきているのでしょうか?

理由は、2つあります。

1つ目は、過疎化した地域では、スーパーマーケットなどの食料品を購入する店舗が極めて少ないということです。

2つ目は、高齢者の急激な進行です。過疎地域は、高齢者が多く住む地域とも言い換えることができます。

つまり、高齢者の体力の衰えにより、日常的に長距離を移動しての買物が厳しくなってきているということです。

では、このような過疎地域にビジネスチャンスはないのでしょうか?

「あります!」

過疎地域には、ビジネスチャンスが潜んでいます。

例えば、買物弱者を顧客ターゲットにしてみるとどうでしょうか?

買物弱者は、食料品が欲しいのにも関わらず、近くにスーパーがないという理由で、買物が難しくなっています。

このことから、食料品の需要は極めて高いということです。

需要さえあれば、あとは買物弱者に買物の機会さえ提供してあげると売上につながります。

では、その機会はどのようにして提供すれば良いでしょうか??

ここでは、2つの方法を紹介します。

①移動販売

1つ目は、移動販売です。トラックに、食料品を積み込み、お宅訪問を行うといった方法です。

これによって、体力の衰えがある高齢者も、自宅の前で食料品を購入することができます。

食料品は、必ず必要になるので、移動販売は効果的であると考えられます。
②買物代行

2つ目は、買物代行です。

現在、ネットビジネスが進化しており、代行ビジネスの人気が上がってきています。例えば、買物代行、宿題代行、業務代行、電話代行、掃除代行、運転代行など種類は豊富です。

この中の買物代行というものは、過疎地域や高齢者をターゲットにした場合、非常に効果的なビジネスのように思えます。

つまり、高齢者や買物弱者の代わりにスーパーまで買物に行き、そのサービス料金を頂くということです。

以上のような、ビジネスチャンスが過疎地域には潜んでいると私は思います。

今日は、過疎化に潜むビジネスチャンスについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です