キャピタルゲインとキャピタルロスの違い

おはようございます。今日は、キャピタルゲインとキャピタルロスについて書きたいと思います。

まずは、キャピタルゲインです。

キャピタルゲインとは、株式や債券などといった会社が保有している資産を売却することによって得ることができる売買差益のことを示します。

例を挙げます。

株価20万円で購入した株式があります。この株式は、会社の資産です。この資産である株式が27万円になった時に売却したとします。

この場合、差額の7万円がキャピタルゲインになります。この7万円には、手数料と税金は含まれません。

なお、キャピタルゲインは株式の売却による差益だけではなく、不動産などもこれにあたります。

一方、キャピタルロスとは何なのでしょうか?

キャピタルロスとは、キャピタルゲインの反対の意味になります。つまり、会社の資産を売却することによって、損失が出ることをキャピタルロスといいます。

先ほどの例の場合、株価20万円の株式が、株価17万円になった後での売却によって3万円のキャピタルロスが発生することになります。

今日は、キャピタルゲインとキャピタルロスについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です