ウェザー・マーチャンダイジングとは

こんにちは。今日は、ウェザー・マーチャンダイジングについて書きたいと思います。

皆さんは、ウェザー・マーチャンダイジングという言葉を聞いたことはありますか?

ウェザー・マーチャンダイジングとは、天気や気象情報を商品販売に生かしていく行動のことを示します。

近年、猛暑や暖冬といった異常気象が相次いで発生しています。

このような異常気象が小売業の売上に大きな影響を与え出しています。

私は、季節商品を取り扱う仕事をしていますので、天気が売上に及ぼす影響の重大さは痛いほど身にしみています。

例えば、去年は、から梅雨でした。このから梅雨の影響で、案の定、傘の売上は大きく下がってしまいました。

また、一昨年は、暖冬ということもあり、手袋が全然売れなかったことを覚えています。

このように、小売業者にとって、異常気象はリスクそのものになります。

では、どのようにしてこのリスクを管理すれば良いのでしょうか??

そこで、重要になってくるのが、このウェザー・マーチャンダイジングです。

ウェザー・マーチャンダイジングは、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどのチェーンストアからも注目されています。

このウェザー・マーチャンダイジングは、特にコンビニエンスストアのような、日別や時間帯別で売上管理を行う業態に採用されます。

なぜなら、毎日の気温や湿度、あるいは体感温度などを細かく分析することによってその日に何が一番売れるかを決めているからです。

つまり、その日に売れる商品を品揃えし、天候に合わせて発注数量を決定するといったことを行っています。

その結果、商品ロスを少なくすることができます。

商品ロスとは、在庫切れのことを示します。

では、気温別でどのような物が売れるのでしょうか?

これからの時期でしたら、まずTシャツや半袖のシャツの売上が伸びるでしょう。

これらの商品が売れだすのは、大体19℃以上と言われています。

また、ビールやアイスクリームは、20℃以上、水着は24℃以上、25℃以上で冷たい飲み物が良く売れるようになり、28℃以上で日焼け止めクリームなどが良く売れるようになります。

以上のように、天気や気温によって商品を的確に発生することがこれからの時代は大切になってくると考えられます。

今日は、ウェザー・マーチャンダイジングについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です