スペシャリストとゼネラリストの違い

こんにちは。今日は、スペシャリストとゼネラリストの違いについて書きたいと思います。

スペシャリストという用語は、皆さんよく耳にすると思いますが、ゼネラリストという用語はどうでしょうか?

今日は、この2つの用語の違いについて説明していきたいと思います。

まずは、スペシャリストです。スペシャリストとは、特定のスキルに優れており、深い知識や技術を保持している人の事を示します。

(例)
彼は、数学のスペシャリストです。

この場合、その人間が数学に関する知識が豊富であり、数学において他者よりも優れているということを示しています。

一方、ゼネラリストとはどういう意味なのでしょうか??

ゼネラリストとは、ある特定のスキルに特化するのではなく、広い分野において平均点以上の能力を持つ人のことを示します。

つまり、スペシャリストは、ある特定の分野に特化して優れているのに対して、ゼネラリストは、広い分野において平均より優れているということになります。

(例)
彼は、ビジネスマンとしてゼネラリストです。

この場合、その人間はビジネスを行う上で、平均的に優れているということを示しています。

スペシャリストとゼネラリストは、以上のような意味の違いがあります。

現在、ビジネスマンとして求められるのは、スペシャリストなのか?それともゼネラリストなのか?

この問いかけは、非常に難しいです。

ゼネラリストは、どこでもある一定の成果を上げることができますが、スペシャリストは、活躍できる場所が限定されてしまいます。

これからの時代を考えると、ゼネラリストの需要が増えていくのかもしれません。

今日は、スペシャリストとゼネラリストの違いについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です