アイスブレイクはできる営業マンの必需品

おはようございます。今日は、アイスブレイクについて書きたいと思います。

皆さんは、アイスブレイクという言葉を日常のビジネスにおいて使われますか??
使われている方も多いのではないでしょうか?

アイスブレイクとは、研修やセミナーを行う際に、講師の方がスタート時に、集まった人々の緊張をほぐすために行うグループワークやゲームのことを示します。

または、営業先の担当者との会話の場面において、本題に入る前に本題と関係のない話から入り雰囲気を作ることもアイスブレイクに当たります。

では、例を挙げてみます。

(セミナー等の場合)

ビジネスにおいて役に立つ知識というセミナーが開催されるので、参加することにしました。本題に入る前に、集まったメンバーにアイスブレイクとして、グループワークを行ってもらいました。

グループワークの内容は、カードの裏に書かれている質問に答えるといった自己紹介を兼ね備えたゲームでした。

このゲームの結果、メンバーの緊張がほぐれて、スムーズに本題に入ることができました。

(営業の場合)

「今日は、暑いですねー」

「先週の休みはどこか行かれたのですか?」

「ワールドカップ開催が近付いてきましたね!」

「今日の昼ご飯は何を食べられるのですか?」

「最近、雨ばっかりですねー」

これらは全てアイスブレイクに当たります。

つまり、商品や売上といった営業の本題に入る前に、このような全く関係ない話(アイスブレイク)をすることによって、会話を弾ませておき、本題に入りやすくしているのです。

今日は、アイスブレイクについて書きました。

できる営業マンほど、アイスブレイクをうまく利用しています。アイスブレイクは、緊張をほぐす役割も担いますが、相手の本音を聞き出す方法としてもよく使われます。

アイスブレイクをうまく利用しながら、営業先の担当者と良い関係を築くことが重要ですね。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です