コンテクスト・マーケティングはピンポイントマーケティング!

こんにちは。今日は、コンテクスト・マーケティングについて書きたいと思います。

コンテクスト・マーケティングとは、消費者が置かれた日時や場所、あるいは行動や欲求が生じたタイミングなどの状況を把握し、特定のニーズが生じた時点を的確に捉えることによって、効率的なマーケティングを実現する手法のことを示します。

そもそもコンテクストとは、どのような意味なのでしょうか??

コンテクスト(context)とは、英語で前後関係や状況・背景を意味する言葉です。

つまり、その場その場の状況や、それが起こった背景などを示す言葉ということになります。

具体的に例を挙げて説明します。

A社は、大手文具メーカーであり、新商品開発に力を入れています。A社の新商品は、どれも良く売れ、売上も好調に推移しています。

なぜ、A社は、このようなヒット商品を次々と世の中に出せるのでしょうか?

それには、理由がありました。

その理由とは、他社よりも頻繁にミーティングを重ね、新商品開発を行なっているということでした。

また、新商品開発のミーティングでは、全員が同じテーマでミーティングを行うのではなく、4つのグループ(営業部、技術部、運営管理部、財務部)に分かれて話し合いが行われます。

このような状況下で、ある需要が生まれました。

その需要とは、1つの部屋で4つのグループがミーティングでき、ホワイトボードも4つ欲しいということでした。

これを聞いた1人の社員が、「壁をホワイトボードにしたらどうですか??」

と言いました。

全部の壁をホワイトボードにするのではなく、所々の壁をホワイトボードのような素材にすることで、どこでも散らばってミーティングできるのではないかと考えたのです。

この意見を会社が採用し、そのミーティングルームの5つの柱をホワイトボードの素材にリフォームしました。

その結果、1つの部屋で、最大5つのグループがミーティングできるようになりました。

このような例は、コンテクスト・マーケティングに当たると考えられます。

つまり、日頃の状況から、的確なニーズを捉え、そのニーズに対し、ピンポイントで応えるということです。

コンテクスト・マーケティングを実践するためには、常日頃から、状況やニーズといった情報を積極的に集める必要があります。

今日は、コンテクスト・マーケティングについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です