心理的偏向とは?

こんにちは。今日は、心理的偏向について書きたいと思います。

この心理的偏向は、上司が部下を評価する際によく起こる現象です。

では、心理的偏向には、どのような種類があるのでしょうか??

主に4つの心理的偏向を挙げることができます。

①中央化傾向

まず1つ目は、中央化傾向です。

中央化傾向とは、評価対象者全員の評価が似たり寄ったりになってしまう傾向のことを指します。

つまり、とても良いや、とても悪いなどの極端な評価を避けてしまうことが、この中央化傾向を引き起こすことになります。

例えば、部下3人の評価をした場合、評価項目のほとんどを普通とつけてしまうことが、あると思います。

これは、中央化傾向と言えるでしょう。

②寛大化傾向

2つ目は、寛大化傾向です。

寛大化傾向とは、評価対象者全員の評価を甘くつけてしまう傾向を示します。

つまり、本当は全然できていないのに、できているや標準的であるといった選択肢にチェックを入れてしまう場合です。

③ハロー効果

3つ目は、ハロー効果です。

ハロー効果とは、ある一つの項目の評価がその他の項目の評価に影響を与えることを示します。

例えば、何か1つの評価が物凄く高かったとします。この場合、他の項目の評価がこの高い評価につられて、比較的良い評価をつけてしまうのが、ハロー効果です。

つまり、とても良い、あるいは悪い評価の項目がある場合、その印象に引きずられ、他の項目の評価に影響が出ることがハロー効果です。

④近接誤差

4つ目は、近接誤差です。

近接誤差とは、短期間のうちにたくさんの対象者を評価した場合に、近い評価をしてしまうようか傾向を示します。

この他にも、いくつかありますが、以上の4つが、主な心理的偏向と言えます。

部下を評価する際は、これらの心理的偏向に気をつけながら、正確に評価する必要があります。

今日は、心理的偏向について書きました。

ありがとうございました。

超過需要と超過供給がもたらす影響

こんにちは。今日は、超過需要と超過供給がもたらす影響について書きたいと思います。

まずは、超過需要と超過供給について説明します。

【超過需要】

超過需要とは、供給量よりも需要量が多い場合の需要量の超過分のことを示します。つまり、超過需要の場合、品不足の状態であると言えます。

では、この超過需要が及ぼす影響は何でしょうか??

それは、『価格の上昇』と『需要の減少』です。

超過需要の場合、品不足に陥っており、顧客はその商品を何としてでも欲しいという状況です。

よって、商品の人気が上がることにより、企業は商品の価格を上げようとします。

これが、『価格の上昇』です。

しばらくすると、価格が上がった商品を買いたいという需要が減ることになります。

これが、『需要の減少』です。

【超過供給】

超過供給とは、需要量よりも供給量が多い場合の供給量の超過分のことを示します。つまり、超過供給の場合、品余りの状態であると言えます。

この超過供給が及ぼす影響は何でしょうか??

それは、『価格の下落』と『需要の増加』
です。

超過供給の場合、品余りのため商品の人気が下がります。よって企業は価格を下げて、商品を売り捌こうとします。

これが『価格の下落』です。

価格を下げたらどのような現象が起こるでしょうか??

価格が下がったら(SALE)、顧客は安いから買おうという意思が発生します。

これが『需要の増加』です。

以上のことから、超過需要の場合は、『価格の上昇』と『需要の減少』。

一方、超過供給の場合は、『価格の下落』と『需要の増加』によって、市場の均衡を保っていると言えます。

今日は、超過需要と超過供給がもたらす影響について書きました。
ありがとうございました。

マインドセットは企業文化

こんにちは。今日は、マインドセットについて書きたいと思います。

マインドセットは、この用語の通り、心の準備と言えます。

では、どのような心の準備なのでしょうか?

マインドセットとは、経験や教育環境、偏見などによって形成される思考方式や心理状態のことを示します。

また、価値観や信念などもこのマインドセットに含まれると言われています。

この説明を聞きますと、個人それぞれの考え方なのでは?と思う方も多いと思います。

確かに個人の場合は、その通りです。

しかし、組織の場合は、違います。
組織のマインドセットは、企業文化と言い換えることができます。

では、このような組織のマインドセットは、どのようにして形成されるのでしょうか??

組織のマインドセットを形成する要素は、色々ありますが、主に以下の2つから形成されると考えられます。

①企業理念

まず、1つ目は、企業理念からの形成です。企業理念とは、その企業が企業活動を行う上で、大切にしていることを示します。

例えば、「高品質による満足の提供」という企業理念を掲げている企業があったとします。

この企業は、価格が高くなろうが、品質を第一に考え、企業活動を行うということがモットーです。

つまり、この企業で働く従業員の考え方としては、品質では他社に負けないというプライドが芽生えていると思われます。

よって、この組織のマインドセットは、「他社に負けない高品質を提供しよう!」というものになるでしょう。

②経験

2つ目は、経験からの形成です。

例えば、売上が厳しい時に、諦めず地道に営業を行った結果、売上が思いの外伸びたとします。

このような、経験を得た企業は、「厳しい時こそできることをコツコツとしよう!」という組織のマインドセットが形成される可能性が高いです。

以上のようにして、組織のマインドセットは形成されていきます。

今日は、組織のマインドセットについて書きました。

ありがとうございました。

バズマーケティングによる需要創造

こんにちは。今日は、バズマーケティングについて書きたいと思います。

バズマーケティングは、
英語でBuzz Marketingと表されます。

では、このバズマーケティングとは何なのでしょうか??

バズマーケティングとは、クチコミを利用することによって、売上拡大を目指すマーケティングのことを示します。

クチコミ発信者に、商品における特定の情報を流してもらうことによって、その周辺にいる多くの人がその特定の情報を受け取ることで、購買につなげようというものが、バズマーケティングです。

では、例を挙げて説明します。

例えば、ファッションのブログを得意とする超有名なブロガーがいたとします。そのブロガーが、オシャレな洋服を3枚紹介し、「この3枚の洋服は、中々お目にできない商品だ」とブログに書き込んだとします。

この投稿を見た読者の方が、その洋服についてリサーチを始め、この3枚の洋服が世の中に知れ渡ります。

そうすることで、これらの洋服の需要が一気に高まり、売上につながります。

また、最近では、インスタグラムもこのバズマーケティングの手段になっていると考えられます。

つまり、かわいい商品を写真で投稿し、それを全世界の人々と共有することによって、その商品の需要が高まるということです。

最近では、このようにSNSがバズマーケティングの手段として、取り上げられています。

しかしながら、お店を訪れたお客様から流れるクチコミの力も衰えていません。

お店にとって良いクチコミだと良いのですが、悪いクチコミもたちまち広がります。
よって、常日頃から、このバズマーケティングを意識しながらの接客が求められます。

このバズマーケティングは、これから更に利用されると思います。

バズマーケティングをうまく利用し、商品の需要を高めることが求められます。

今日は、バズマーケティングについて書きました。

ありがとうございました。

アーリーアダプター(前期少数採用者)

こんにちは。今日は、アーリーアダプターについて書きたいと思います。

アーリーアダプター(前期少数採用者)は、ロジャースによって提唱された採用者モデル理論の中で出てくる用語になっています。

モデル理論は、イノベーター理論とも呼ばれます。

では、モデル理論の中でアーリーアダプター(前期少数採用者)とは、どのように紹介されているのでしょうか??

まずは、モデル理論(イノベーター理論)について説明します。

この理論では、新しい物事を採用する速さの順番で、5つの採用者に分類しています。

その5つの採用者は下のようになっています。

・イノベーター(Innovators)

・アーリーアダプター(Early Adopters)

・アーリーマジョリティ(Early Majority)

・レイトマジョリティ(Late Majority)

・ラガード(Laggards)

つまり、

イノベーター

アーリーアダプター

アーリーマジョリティ

レイトマジョリティ

ラガード

の順番で、新しい物事を採用します。

2番目に、新しい物事を採用するのが、アーリーアダプター(前期少数採用者)です。

アーリーアダプターは、イノベーターの次に新しい物事が好きな人々になります。

例を上げます。

学校に、40人のクラスがあったとします。

新しいスマートフォンが発売された次の日に、5人の学生がそのスマートフォンを購入しました。

その2週間後に、6人の学生がそのスマートフォンを購入しました。

この場合、最初の5人の学生は、イノベーターにあたります。

そして、イノベーターである5人の学生に続いて、スマートフォンを購入した6人の学生がアーリーアダプターに当たります。

このアーリーアダプターの割合は市場全体の13.5%程度言われています。

また、アーリーアダプターは、『オピニオンリーダー』とも呼ばれ、市場に大きな影響を及ぼします。

今日は、アーリーアダプターについて書きました。

ありがとうございました。

DIとは?

こんにちは。今日は、DIについて書きたいと思います。

皆さんは、DIという言葉をご存知ですか?

DIとは、Diffusion Index(ディフュージョンインデックス)の略称です。

このDIは、景況感や現状の判断を指数化したものになります。

では、どのようにしてこのDIを求めることができるのでしょうか??

DIの算出方法は、以下のようになっています。

まず初めに、3つの判断項目を設けます。

『良い』

『普通』

『悪い』

の3つの選択肢を与えます。

アンケートが終わったら、これを単純に集計し、構成比を求めます。

そして、次の計算式によって、DIを求めます。

DI=(第1選択肢『良い』の構成比)-(第3選択肢『悪い』の構成比)

以上がDIの求め方です。

では、実際に例を挙げて説明します。

雑貨屋Aは、2週間前にオープンした新店舗です。売上も順調に伸びていますが、現状を把握し、今後の参考にするために、DIを算出することにしました。

雑貨屋Aから出てきたお客様に、アンケートを実施しました。

(質問1)
雑貨屋Aの雰囲気はどうでしたか??

『良い』 20%

『普通』 65%

『悪い』 15%

DI=『良い』20%-『悪い』15%=5%

(質問2)
雑貨屋Aの商品はどうでしたか??

『良い』 50%

『普通』 45%

『悪い』 5%

DI=『良い』50%-『悪い』5%=45%

このアンケートの結果見えてきた事があります。

雑貨屋Aの雰囲気に関するDIが、雑貨屋Aの商品に関するDIより、圧倒的に低いということです。

これは、何を示しているのでしょうか?

雑貨屋Aの雰囲気に関するDIが低いということは、お店の雰囲気が良くないということを示しています。

つまり、商品は魅力的だが、お店の雰囲気が良くないということです。

これは、早急に改善しなければなりません。

改善方法としては、接客の向上、売場のメンテナンスの徹底などを挙げることができます。

このように、DIは大まかな現状を把握するのに優れています。

よって、ざっくりとした現状をDIによって捉え、それに応じて、改善策を考えていくことが必要になってきます。

今日は、DIについて書きました。

ありがとうございました。

ユビキタス・ネットワークによる管理

こんにちは。今日は、ユビキタス・ネットワークについて書きたいと思います。

ユビキタス・ネットワークとは、ブロードバンドやモバイル通信などによって、常時接続することができる環境を利用することによって『どこでも』『いかなる時も』を実現することができるネットワークを示します。

そもそもユビキタスとは、どこの言葉なのでしょうか??

ユビキタスはラテン語の言葉であり、『いつでも』『どこでも』または『あまねく存在する』と訳されます。

少し前まで、携帯電話やノートパソコンなどがない時代でした。つまり、何かを調べる時は、図書館に行き、本を読んで調べるということが普通でした。

また、電話もそうです。友達や恋人に電話する時は、家の電話を使用しなければ声を聞くことはできませんでした。

しかし、今はどうでしょうか??

現在、携帯電話やノートパソコンによって、どこにいてもネットワークを接続することができます。

よって、いつでもどこでも何かを調べることができ、電話することもできます。

この当たり前の環境が、ユビキタス・ネットワークなのです。

では、このユビキタス・ネットワークはどのように活用されているのでしょうか??

例えば、配達状況の管理です。

自分が注文した商品が今どこにあるのかが瞬時にわかります。

なぜなら、ユビキタス・ネットワークによって、私達の生活及びビジネスはネットワーク環境下にあるからです。

このように、ユビキタス・ネットワークは今後ますます注目されると考えられます。

今日は、ユビキタス・ネットワークについて書きました。

ありがとうございました。