ユビキタス・ネットワークによる管理

こんにちは。今日は、ユビキタス・ネットワークについて書きたいと思います。

ユビキタス・ネットワークとは、ブロードバンドやモバイル通信などによって、常時接続することができる環境を利用することによって『どこでも』『いかなる時も』を実現することができるネットワークを示します。

そもそもユビキタスとは、どこの言葉なのでしょうか??

ユビキタスはラテン語の言葉であり、『いつでも』『どこでも』または『あまねく存在する』と訳されます。

少し前まで、携帯電話やノートパソコンなどがない時代でした。つまり、何かを調べる時は、図書館に行き、本を読んで調べるということが普通でした。

また、電話もそうです。友達や恋人に電話する時は、家の電話を使用しなければ声を聞くことはできませんでした。

しかし、今はどうでしょうか??

現在、携帯電話やノートパソコンによって、どこにいてもネットワークを接続することができます。

よって、いつでもどこでも何かを調べることができ、電話することもできます。

この当たり前の環境が、ユビキタス・ネットワークなのです。

では、このユビキタス・ネットワークはどのように活用されているのでしょうか??

例えば、配達状況の管理です。

自分が注文した商品が今どこにあるのかが瞬時にわかります。

なぜなら、ユビキタス・ネットワークによって、私達の生活及びビジネスはネットワーク環境下にあるからです。

このように、ユビキタス・ネットワークは今後ますます注目されると考えられます。

今日は、ユビキタス・ネットワークについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です