マインドセットは企業文化

こんにちは。今日は、マインドセットについて書きたいと思います。

マインドセットは、この用語の通り、心の準備と言えます。

では、どのような心の準備なのでしょうか?

マインドセットとは、経験や教育環境、偏見などによって形成される思考方式や心理状態のことを示します。

また、価値観や信念などもこのマインドセットに含まれると言われています。

この説明を聞きますと、個人それぞれの考え方なのでは?と思う方も多いと思います。

確かに個人の場合は、その通りです。

しかし、組織の場合は、違います。
組織のマインドセットは、企業文化と言い換えることができます。

では、このような組織のマインドセットは、どのようにして形成されるのでしょうか??

組織のマインドセットを形成する要素は、色々ありますが、主に以下の2つから形成されると考えられます。

①企業理念

まず、1つ目は、企業理念からの形成です。企業理念とは、その企業が企業活動を行う上で、大切にしていることを示します。

例えば、「高品質による満足の提供」という企業理念を掲げている企業があったとします。

この企業は、価格が高くなろうが、品質を第一に考え、企業活動を行うということがモットーです。

つまり、この企業で働く従業員の考え方としては、品質では他社に負けないというプライドが芽生えていると思われます。

よって、この組織のマインドセットは、「他社に負けない高品質を提供しよう!」というものになるでしょう。

②経験

2つ目は、経験からの形成です。

例えば、売上が厳しい時に、諦めず地道に営業を行った結果、売上が思いの外伸びたとします。

このような、経験を得た企業は、「厳しい時こそできることをコツコツとしよう!」という組織のマインドセットが形成される可能性が高いです。

以上のようにして、組織のマインドセットは形成されていきます。

今日は、組織のマインドセットについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です