スキルシェアで稼げ!

こんにちは。

今日は、スキルシェアについて書きたいと思います。

スキルシェアという言葉は、ご存知ですか??

スキルシェアは、最近流行っている言葉です。

スキルシェアとは、自分が得意とするスキルや知識を個人間(C to C)で提供し合うことを指します。

では、どのようにして、利益を生み出すのでしょうか??

例えば、個人が教えたいスキルを講師として、学びたい人に教えることで売上を立てるといった仕組みになります。

また、受講料は講師である人が自由に設定できるということです。

では、実際に例を挙げてみます。

サラリーマン男性Aの場合

サラリーマン男性Aは、現在40歳であり、趣味はゴルフです。

趣味のゴルフの腕前は凄く、会社のゴルフ大会では常に優勝しています。

そこで、サラリーマン男性Aは、ゴルフ教室を開くことにしました。

受講料は、1時間2000円に設定しました。

毎週金曜日、土曜日、日曜日にこのゴルフ教室を運営しており、収入は月に10万円程度です。

このようなものが、スキルシェアになります。

つまり、このサラリーマン男性Aのように趣味のゴルフスキルを一般の人と共有することによって、ビジネスにつなげます。

スキルシェアは、自分の好きなものや得意なものをビジネスに繋げることができるので、これからますます人気になってくるのではないでしょうか。

今日は、スキルシェアについて書きました。

ありがとうございました。

ロスリーダーは目玉商品!!

おはようございます!

今日は、ロスリーダー戦略について書きたいと思います。

ロスリーダーとは、多くのお客様に来店して頂く為に、採算を度外視した超特価販売を行う目玉商品のことを示します。

では、このロスリーダー戦略は、どのような意図があるのでしょうか??

ロスリーダー戦略の狙いは、超特価販売を行う目玉商品(ロスリーダー)を目的に来店したお客様に対して、他の商品を併せて購入してもらうことで、ロスリーダー分の赤字を補うといったことが狙いになります。

では、ロスリーダー戦略の実際の例を挙げたいと思います。

(スーパーの場合)
スーパーAは、創業30年の人気店です。このスーパーの人気の理由は、毎週火曜日のロスリーダー戦略があるからです。

スーパーAでは、毎週火曜日にたまご10個入りを98円で販売しています。

お客様は、この超特価たまごを目当てに来店されます。また、このたまごを購入するだけでなく、そのたまごを使った料理を考えるため、他の食材も購入します。

よって、毎週火曜日は、他の曜日より売上高が高いです。

これは、ロスリーダーであるたまごがもたらしている影響だと言えます。

つまり、ロスリーダーを目当てに来店され、その他の定価商品を多く購入することで売上高向上につながっているのです。

以上のように、ロスリーダー戦略は非常に効果的だと考えられます。

しかし、ロスリーダー商品のみを購入されないように気をつけないといけません。

よって、他の商品と関連しているものをロスリーダーにすることが大切だと言えます。

このことに気をつけて、ロスリーダー戦略を行う必要があります。

今日は、ロスリーダー戦略について書きました。

ありがとうございました。

「配慮」or「構造づくり」オハイオ研究

こんにちは。
今日は、オハイオ研究について書きたいと思います。

皆さんはオハイオ研究という言葉を聞いたことはありますか??
この研究は、ビジネスリーダータイプについての研究と言えます。

では、オハイオ研究とはどのようなものでしょうか??

オハイオ研究とは、リーダーの行動を2つに分類した研究のことを指します。

その2つが、「配慮」と「構造づくり」です。

オハイオ研究は、1950年代にオハイオ州立大学の心理学者であるシャートルらによって提唱されたと言われています。

では、この「配慮」と「構造づくり」とは、一体どのようなものなのでしょうか?

1つずつ説明していきます。

まずは、「配慮」です。

「配慮」とは、組織に所属するメンバーに注目し、より良い人間関係を維持し、構築することを最も重視する行動のことを示します。

つまり、周りの人間関係を重視することによって、組織に所属するメンバーのモチベーションを上げると同時に、積極的に協力してもらえる環境を作ることを目的としているのが、「配慮」という行動にあたります。

次に「構造づくり」です。

「構造づくり」とは、組織が確実な成果を上げることができるように、組織の行動を明確にする行動のことを示します。

つまり、仕事自体に注目し、組織構造を整えるのが「構造づくり」にあたります。

これらの2つのタイプのリーダーには、それぞれの特徴があります。

まず、「配慮」型のリーダーは、人間関係を重視するため、部下から信頼されると同時に好かれるといった傾向にあると考えられています。

一方、「構造づくり」型のリーダーは、論理や組織を重視するため、部下からはあまり好かれないと考えられています。

オハイオ研究では、この「配慮」と「構造づくり」の両方の行動が共に高いリーダーこそ、優れたリーダーであると提唱されています。

よって、リーダーは、頻繁に部下とコミュニケーションをとり、良い人間関係を維持すると共に、効率の良い組織を実現することが求められます。

今日は、オハイオ研究について書きました。

ありがとうございました。

IOTとIOH

IOTとIOH

こんばんは。今日は、IOTとIOHについて書きたいと思います。

これらの用語は、インターネットに関連しています。それぞれについて順番に説明していきます。

まずは、IOTです。

IOTは、最近よく耳にする用語ではないでしょうか?
一体IOTとは、何でしょうか?

IOTとは、「Internet Of Things」の略語となっています。つまり、日本語では、「もののインターネット」という意味になります。

「もののインターネット」?ってなりますよね。。

簡潔に言いますと、自分の身の回りにある様々なものがインターネットに接続されることで、情報交換や制御を行う仕組みのことをIOTといいます。

では、IOTの例を挙げてみます。

身近な例を挙げてみます。
昔の携帯電話を想像してみて下さい。

昔の携帯電話は、電話するためだけのものでした。

しかし、今はどうでしょうか?
価格が比較的安いスマートフォンでも、インターネットに接続することができます。

つまり、どこでも、インターネットに接続し、何かを調べることができるのです。
これは、代表的なIOTの例と言えます。

また、最近のデジタルカメラを想像して下さい。

最近のデジタルカメラは、撮った写真をすぐにプリンターに印刷することができます。

また、Bluetoothに接続することで、デジタルカメラで撮影した画像をスマートフォンのアルバムに保存することもできます。

これは、デジタルカメラというものをインターネットに接続しているからこそ、できることです。

このように、スマートフォンやデジタルカメラといったものをインターネットに繋ぐことがIOTなのです。

次にIOHです。

IOHとは、「Internet Of Human」の略語です。

つまり、「人のインターネット」です。

これもよくわからないですね。。。

簡単に説明します。

例えば、医療現場を想像してみて下さい。

名医が海外に出張している際に、大事な手術をしなくてはいけない状況になったとします。

名医は、海外にいるので直接手術できないです。

しかし、IOHがあれば、まるで名医が手術しているかのように手術することができます。

では、どうすればそんなことができるのでしょうか??

実際に手術を行う医者に、メッセージが表示されるメガネを装着させます。

そうすることで、海外にいる名医の指示通り手術することが可能になるのです。

このように、人間さえもインターネットに接続されることで、さらなる可能性を見出すことができます。

今日は、IOTとIOHについて書きました。

ありがとうございました。

アンラーニングでやり直せ!

こんにちは。今日は、アンラーニングについて書きたいと思います!!

アンラーニングは、言葉の通り、学習に関する用語です。

アンラーニングとは、学習棄却のことを示します。

つまり、一回覚えたことを意識的に一回忘れると同時に、新たに学習し直すことをアンラーニングと呼びます。

では、このアンラーニングは、どのような場面で使われるのでしょうか??

例を挙げて、説明します。

入社3年目のA君は、靴製造会社の営業部に所属しています。入社当時から、積極的に仕事を覚えようとし、今では、頼りになる社員となっています。

しかし、この度A君は基本的な事でミスをしてしまい、お得意様を怒らせてしまいました。

A君の上司であるBは、お得意様を怒らせてしまった原因をA君に聞きました。

すると、A君はセオリーから外れた行動をとっていたのです。

これに対して、Bは、A君に基本的な事をもう一度しっかり教える事にしました。

A君には、「一度覚えたことは、一回忘れて、今から教える事を徹底的に覚えてくれ!」と言いました。

これが、アンラーニングです。

つまり、変な教わり方をした場合や、基本のことを通り越して教えられたため、基本が全く分かっていない人に対して、それらを一回全部忘れてた、新たに学習し直すことがアンラーニングなのです。
今日は、アンラーニングについて書きました。

ありがとうございました。