IOTとIOH

IOTとIOH

こんばんは。今日は、IOTとIOHについて書きたいと思います。

これらの用語は、インターネットに関連しています。それぞれについて順番に説明していきます。

まずは、IOTです。

IOTは、最近よく耳にする用語ではないでしょうか?
一体IOTとは、何でしょうか?

IOTとは、「Internet Of Things」の略語となっています。つまり、日本語では、「もののインターネット」という意味になります。

「もののインターネット」?ってなりますよね。。

簡潔に言いますと、自分の身の回りにある様々なものがインターネットに接続されることで、情報交換や制御を行う仕組みのことをIOTといいます。

では、IOTの例を挙げてみます。

身近な例を挙げてみます。
昔の携帯電話を想像してみて下さい。

昔の携帯電話は、電話するためだけのものでした。

しかし、今はどうでしょうか?
価格が比較的安いスマートフォンでも、インターネットに接続することができます。

つまり、どこでも、インターネットに接続し、何かを調べることができるのです。
これは、代表的なIOTの例と言えます。

また、最近のデジタルカメラを想像して下さい。

最近のデジタルカメラは、撮った写真をすぐにプリンターに印刷することができます。

また、Bluetoothに接続することで、デジタルカメラで撮影した画像をスマートフォンのアルバムに保存することもできます。

これは、デジタルカメラというものをインターネットに接続しているからこそ、できることです。

このように、スマートフォンやデジタルカメラといったものをインターネットに繋ぐことがIOTなのです。

次にIOHです。

IOHとは、「Internet Of Human」の略語です。

つまり、「人のインターネット」です。

これもよくわからないですね。。。

簡単に説明します。

例えば、医療現場を想像してみて下さい。

名医が海外に出張している際に、大事な手術をしなくてはいけない状況になったとします。

名医は、海外にいるので直接手術できないです。

しかし、IOHがあれば、まるで名医が手術しているかのように手術することができます。

では、どうすればそんなことができるのでしょうか??

実際に手術を行う医者に、メッセージが表示されるメガネを装着させます。

そうすることで、海外にいる名医の指示通り手術することが可能になるのです。

このように、人間さえもインターネットに接続されることで、さらなる可能性を見出すことができます。

今日は、IOTとIOHについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です