ロスリーダーは目玉商品!!

おはようございます!

今日は、ロスリーダー戦略について書きたいと思います。

ロスリーダーとは、多くのお客様に来店して頂く為に、採算を度外視した超特価販売を行う目玉商品のことを示します。

では、このロスリーダー戦略は、どのような意図があるのでしょうか??

ロスリーダー戦略の狙いは、超特価販売を行う目玉商品(ロスリーダー)を目的に来店したお客様に対して、他の商品を併せて購入してもらうことで、ロスリーダー分の赤字を補うといったことが狙いになります。

では、ロスリーダー戦略の実際の例を挙げたいと思います。

(スーパーの場合)
スーパーAは、創業30年の人気店です。このスーパーの人気の理由は、毎週火曜日のロスリーダー戦略があるからです。

スーパーAでは、毎週火曜日にたまご10個入りを98円で販売しています。

お客様は、この超特価たまごを目当てに来店されます。また、このたまごを購入するだけでなく、そのたまごを使った料理を考えるため、他の食材も購入します。

よって、毎週火曜日は、他の曜日より売上高が高いです。

これは、ロスリーダーであるたまごがもたらしている影響だと言えます。

つまり、ロスリーダーを目当てに来店され、その他の定価商品を多く購入することで売上高向上につながっているのです。

以上のように、ロスリーダー戦略は非常に効果的だと考えられます。

しかし、ロスリーダー商品のみを購入されないように気をつけないといけません。

よって、他の商品と関連しているものをロスリーダーにすることが大切だと言えます。

このことに気をつけて、ロスリーダー戦略を行う必要があります。

今日は、ロスリーダー戦略について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です