売上債権における貸倒引当金とは?

こんにちは。

今日は、貸倒引当金について書きたいと思います。貸倒引当金は、「かしだおれひきあてきん」と読みます。

貸倒引当金とセットで使われるのが、貸倒引当金繰入です。貸倒引当金繰入は、「かしだおれひきあてきんくりいれ」と読みます。
この2つの関係については、後ほど例を用いて説明します。

貸倒引当金と貸倒引当金繰入は、簿記を勉強していないと、中々目にしない用語ですね。

では、貸倒引当金の役割を説明します。

貸倒引当金は、売上債権が発生したときに、使われます。つまり、売上債権が貸倒れした際に引当てるものが貸倒引当金なのです。
詳しく説明していきます。

まず初めに、売上を計上する時、どんな計上の仕方がありますか??

現金による計上

小切手による計上

クレジットによる計上

売掛金による計上

受取手形による計上

などがあります。

現金や小切手などで売上を計上する場合は、売上を計上すると同時に現金という資産が計上され、手持ちの現金が増えます。

【仕訳】 現金100 / 売上100

一方、売掛金や受取手形はどうでしょうか?

現金と同様に、売上を計上すると売掛金や受取手形といった資産が計上されることになります。

【仕訳】 売掛金100 / 売上100

え?現金の時と一緒じゃん!と思われるかもしれません。

売上が上がると同時に資産が計上されるといった部分は同じです。

では、違いは何なのでしょうか??

違いは、換金のスピードです。

現金は、売上を計上すると同時に手元に現金が残ります。

一方、売掛金や受取手形は、ある一定の時間が経たないと手元に現金は残りません。

これが、現金や小切手と売掛金、受取手形の違いです。

売掛金や受取手形が売上債権になります。

これらの売上債権は、現金などで回収された時に取り崩します。

【仕訳】 現金100 / 売掛金100

売上債権の得意先が、全員必ず現金を支払ってくれるなら、貸倒引当金は必要ないです。

しかし、世の中そんなにうまくいきません。

得意先の中には、会社の運用が厳しくなり、倒産してしまう会社もあるかもしれません。この貸倒れの備えとして、計上しておくのが貸倒引当金です。

貸倒引当金は、主に2つに分類されます。

①一般引当

②個別引当

それぞれ説明していきます。

一般引当とは、特定の債権に対して、これまでの実績をもとに貸倒引当金を計上する方法です。

実際に貸倒れは発生していませんが、これぐらいは貸倒れが起こるだろうと予想して設定する方法が一般引当です。

【例】期末売掛金残高1000に対して、過去の実績を元に、3%の貸倒引当金を設定する。

期末売掛金1000×貸倒実績率3%

【仕訳】

貸倒引当金繰入30 / 貸倒引当金30

一方、個別引当とは、回収が見込めない残高について貸倒引当金を設定することです。

【例】期末売掛金残高1000の内、A社の売掛金200に対して、50%の貸倒引当金を設定する

A社の売掛金200×50%

【仕訳】

貸倒引当金繰入100/貸倒引当金100

これは、A社が業績悪化傾向にあり、売掛金の50%は回収できないだろうと判断した為です。

最後に、貸倒引当金繰入と貸倒引当金のホームポジションを説明します。

今回説明させて頂いた、貸倒引当金は、売上債権に対してです。

営業外債権に対しての貸倒引当金もあるので、これについては、次回説明します。

売上債権に対しての貸倒引当金は、以下のようになります。

貸倒引当金繰入は、損益計算書の販売費及び一般管理費がホームポジションです。

一方、貸倒引当金は、資産のマイナス勘定になるので、流動資産がホームポジションになります。

今日は、貸倒引当金について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です