製品の種類

今日は製品の種類について書きたいと思います。

市場で取引される製品は、消費財と産業財に大別されます。

消費財は、日常生活において使用される製品です。

産業財は、生産のために使われる材料や部品のことを指します。

顧客の数は、消費財の方が産業財より多いです。

購買単位は、産業財の方が消費財より大きいです。

また、消費財の購買者は一般消費者であり、産業財の購買者は専門家になります。

今回は、私たちの身の回りに近い消費財に焦点を当てたいと思います。

消費財は、主に3つに区別されます。最寄品・買回品・専門品です。

最寄品とは、消費者が最寄りのお店で頻繁に購入する比較的安価な製品です。例としては、食料品、日用品などがあります。また、消費者の購買行動は習慣的かつ衝動的です。よって、衝動的購入を誘発するために、ガムとかはレジ付近に陳列されることが多いです。

買回品とは、いくつかのお店を消費者が見て回り、価格・品質、デザイン、ブランドなどを比較してから購入する製品です。例としては、電化製品、衣類、家具などの選択を迫られるものです。消費者の購買行動は、比較購買になりますので、どこのお店よりも綺麗に陳列し、魅力的な売場を作る必要があります。

専門品とは、特定のメーカーやブランドを信頼し、それらを指定して購入する製品です。例としては、自動車、宝石、時計、高級衣類などの高価品を挙げることができます。消費者の購買行動は計画購買になりますので、消費者と良い関係を築くことが重要になってきます。

以上の3つが消費財の種類になります。消費者の購買行動の種類は最寄品、買回品、専門品によってそれぞれ異なります。よって、消費財の種類に応じて、陳列方法や消費者へのアプローチの仕方を変えることが必要になってきます。

ありがとうございました。

製品市場戦略

おはようございます。EVEです。今日は、製品市場戦略について書きたいと思います。

この戦略はアメリカの経営学者であるイゴール・アンゾフが提唱した概念です。

製品市場戦略とは、企業の収益率を最適化するような製品・市場を選択し、企業の持つ資源を各製品・市場機会に配分することです。定義はわかりづらいですね。

詳しく説明していきます。アンゾフは、企業の成長を「製品」と「市場」という2つの次元で捉えています。製品市場戦略は主に4つあります。

  • 市場浸透戦略(製品:現在/市場:現在)

現在の製品、現在の市場に対して、売上増大、市場占有率の拡大を狙う戦略です。広告の強化や消費者及び市場ニーズに合わせた製品の改良・改善等により、現製品を現市場にさらに浸透させようとするのが市場浸透戦略です。

  • 市場開拓戦略(製品:現在/市場:新規)

現在の製品で新市場の開拓を図り、売上増加を狙う戦略です。例えば、国内市場から海外市場への展開、女性をターゲットにした商品(化粧品・下着)で新規男性市場の開拓などがあります。つまり、現在の商品を新たな市場に導入することです。

  • 製品開発戦略(製品:新規/市場:現在)

現在の市場に対して、新製品を開発・販売することで新たな顧客や需要を獲得しようとする戦略です。よって、新商品を作り続けることが重要となってきます。

  • 多角化戦略(製品:新規/市場:新規)

新しい市場に対して新製品を導入することによって新たな需要を掘り起こす戦略です。この多角化戦略が特に重要視されます。本来の事業はそのまま継続して行い、並行して新たな事業分野を追加することで収益アップを図れます。また、リスクヘッジにもなるので多角化が注目されます。

では、その多角化戦略の狙いとは何でしょうか??

1つ目は範囲の経済を獲得することです。範囲の経済とは、複数の製品・事業を異なる企業で生産するよりも、単一企業が複数の製品・事業を生産する方が、総コストが低いことを指します。これによって生まれる効果をアンゾフはシナジーと呼んでいます。また、このような多角化は関連多角化と言われ、富士フィルムがフィルム作成の技術を応用し、化粧品や健康食品の分野に進出したのもこれにあたります。

2つ目はリスクの分散です。まったく異質の事業を展開することによって、事業間の関連性を低めることができます。そうすることで、1つの事業がトラブルに陥った際に、もう1つの事業でカバーすることができます。これがリスクヘッジです。

多角化を狙いながら、戦略を考慮する必要がありますね。

今日は製品市場戦略について書きました。

ありがとうございました。

PDCAサイクル

今日はPDCAサイクルについて書きたいと思います。

PDCAサイクルは非常に良く使われるビジネス用語になってきていますね。ほとんどの社会人の方がこのビジネス用語を聞いたことがあるのではないでしょうか。

PDCAサイクルとは、事業活動において、業務を円滑に進める手法の1つです。4段階の行動を何回も継続的に繰り返すことによって業務を改善していきます。

(PDCAサイクルの4段階)

PLAN(計画)⇒DO(実行)⇒CHECK(評価)⇒ACT(改善)

つまり、①計画を立てる②それに基づいて実行する③実行した結果をチェックする④チェックした結果を次の計画に反映させるような対処・処置をとる

これがPDCAサイクルです。

このPDCAサイクルは、ビジネスを行う上で非常に大事になってきます。私も、PDCAサイクルを常に意識して、仕事を行っています。

PDCAサイクルを意識している人と意識していない人は明らかに仕事の内容が違います。

(PDCAサイクルを意識している人の特徴)

・計画してから実行に移すため、大きなミスが少ない。

・同じようなミスは絶対にしない。

・結果をチェックするので、うまくいかなかった理由を理解している。

・同じ仕事をさせた時、前回の仕事内容より断然に良い。

(PDCAサイクルを意識していない人の特徴)

・何回も同じミスを繰り返す

・計画をしていないので、仕事の内容が薄い

・いつまでたっても、仕事内容が変わらない

・なぜうまくいかないのかを認識していない

以上のような違いが出てきます。

PDCAサイクルを意識することは、仕事の内容を充実させるだけでなく、その人の能力を向上させる役割があると私は考えています。

私は、このPDCAサイクルにもう1つ加えることを意識しています。

それは、SHARE(共有)です。

PDCAサイクルを行い、その結果(成功・失敗)を周りの人と共有するのです。共有することで、PDCAサイクルの必要性や使い方を皆で認識することができるのではないでしょうか?

自分だけでなく、周りと情報を共有することによって、1+1=2でなく、3にも4にもなると私は思います。

PDCAサイクルを意識し、仕事の精度をますます上げたいと思います。

ありがとうございました。

 

販売管理システム

今日は販売管理システムについて書きたいと思います。

販売管理システムとは、受注・販売・入金などの商品販売における情報を管理するシステムです。

主な販売管理システムとして、POSシステムとEOSシステムを挙げることができます。

・POSシステム(Point Of Sales system:販売時点情報管理システム)

POSシステムは、レジをコンピュータに連動させて、商品データ及び販売情報を管理し、販売活動を管理するシステムです。

つまり、レジのことです。お客様に商品を販売する際、レジ商品のバーコードや値札をスキャンします。そうすることによって、「どの商品が・いつ・どの価格で・どれだけ売れたか」といった販売実績情報を把握することができます。

また、ポイントカードを発行することでさらに詳しい情報を把握し、売上の向上に努めている企業もたくさんあります。ではどのように把握しているのでしょうか?

ポイントカードの基本情報として、性別・年齢・住所などがあります。よって、商品を購入された顧客層を把握することができるのです。また、そのお客様が何を購入したか・どんな商品をよく購入しているかというのもPOSによって管理することができるため、それぞれのお客様に対して、好みに合った商品の紹介・販促を行うことができます。

(POSシステムが主に導入されている小売店)

スーパーマーケット・コンビニエンスストア・ガソリンスタンド・アパレルショップなど

・EOSシステム(Electronic Ordering System:電子受発注システム)

企業における受発注業務をコンピュータによって自動化したシステムのことを指します。EOSシステムはメーカー⇔卸売業⇔小売業のように、流通の中間において役割を発揮します。

実際の流れは下のようになります。

小売店の発注担当者が、端末機(ハンディーターミナル)を使い、発注したい商品名・数量を入力し、データを送信します。受注した側はそのデータに基づき、商品をピックアップし、小売店に発送します。

このように、商品を発注する際に電話などをする必要がないので、発注業務の簡素化・効率化を実現することができます。

今日は、POSシステムとEOSシステムについて書きました。内容は違いますが、「効率面」においてはどちらとも同じだと私は感じました。

ありがとうございました。

 

 

SWOT分析

おはようございます。EVEです。

今日はSWOT分析について書きます。SWOT分析を説明する前に、まずは環境分析について考えたいと思います。

環境分析とは、文字通り企業にとっての環境を分析することです。この環境は主に2つに分けることができます。外部環境と内部環境です。外部環境とは企業を取り巻く環境であり、内部環境は企業の内部、つまり企業が保有する経営資源のことを指します。

*経営資源・・・ヒト、モノ、カネ、情報等

外部環境はマクロ環境とミクロ環境に区分されます。

マクロ環境は企業にとって間接的な影響を与えます。マクロ環境の例としては、人口・経済動向(景気・為替)・文化(価値観・社会規範)・技術革新などです。ざっくり言いますと、環境の中でも大きな部分ですね。

一方、ミクロ環境は企業にとって直接的な影響を与えます。ミクロ環境の例としては、市場・競争業者・供給業者・中間業者です。大きな部分のマクロに比べると身近な環境です。これがミクロ環境です。

次に内部環境です。上記で説明した通り、内部環境は4つの経営資源から構成されています。*に記載。企業の中にある資源をうまく利用することが大切になってきます。

ここから本題であるSWOT分析について説明します。

SWOT分析は外部環境や内部環境の分析を行う手段としてよく使われます。     では、SWOTとは何を表しているのでしょうか。

Strengths(強み)・Weaknesses(弱み)・Opportunities(機会)・Threats(脅威)の頭文字をとったものがSWOTです。機会・脅威は外部環境に関連しています。機会とはその企業にとって競争優位に立てる魅力であり、脅威とは自社の競争優位を失わさせるような要因です。一方、強み・弱みは自社の内部環境に関連しています。

これらをそれぞれ分析することによって、経営戦略を導き出すことがSWOT分析を行う理由になります。このSWOT分析を使って、ほとんどの企業がとっているであろう経営戦略があります。それは、Strengths(強み)・Opportunities(機会)の分析結果を活かすことです。つまり、自社の強みを活かし機会をつかむといった経営戦略です。

富士フィルムの例を挙げます。富士フィルムは長年、写真フィルムで売り上げのほとんどを占めてきましたが、デジタルカメラが普及することで、写真フィルムの需要は激減しました。そこで、「コア技術」を活かし、化粧品や医薬品の事業を立ち上げ、見事に成功しました。すごいです。。

このように自社の強みをしっかり把握し、優位に立てる魅力ある市場に強みをぶつけることが、競争社会で生き残っていくために必要なことだと私は感じました。

ありがとうございました。

3C分析

おはようございます。EVEです。今日は3C分析について書こうと思います。

皆様は3C分析という用語を聞いたことがありますか??恥ずかしながら、私は経営の勉強をするまでは聞いたことすらなかったです。

3C分析とは、外部環境の市場と競合の分析を行い、自社の戦略に活かす分析をすることです。

ここでいう3Cとは、

  • Customer(市場)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社)

を表しています。要するに、市場、競合、自社の3つについて分析を行い、経営戦略及びマーケティングにつなげようとするのが3C分析です。

では、それぞれの分析について説明します。

Customer(市場)分析は、自社の製品やサービスを購買及び利用する意思がある潜在顧客を把握し、市場規模や成長性、ニーズなどを分析します。つまり、市場分析は自社を取り巻く環境、フィールドを把握することです。自分たちが所属する環境を把握することで、将来の方向性が見えてきます。

Competitor(競合)分析は、競争状況や競争相手について把握します。参入障壁、競合の戦略、競合の利益などを分析します。

*参入障壁・・・ある業界に新規参入しようとする会社にとって、参入を妨げる障害のこと。

競合分析を行うことで、自社の強みや弱みを把握し、競合他社に絶対に負けないコア・コンピタンスを見つけ、それを強化することで競合他社と差別化できることが自社にとって大事になってきます。

Company(自社)分析は、自社の企業活動や経営資源について把握します。つまり、自社の市場ポジション、売上高、自社イメージ、強みなどを分析します。

自社分析は非常に大事になってきます。特に「強み」を把握することが必要不可欠です。SWOT分析においても、「強み」を把握し、機会に強みをぶつけることで企業は成長すると言われています。(SWOT分析については次回詳しく記載します。)

以上の3つが3C分析の中身です。3C分析は、市場・競合・自社の3つをしっかり分析し、把握することで初めて効果を発揮します。つまり、市場分析で市場の将来性やこれからのニーズを把握します。次に、競合分析及び自社分析によって、自社の市場ポジションや強みを分析し、市場分析の結果を考慮しながら自社の経営戦略を構築していくことが3C分析を行うメリットです。また市場は常に変化していきますので、比較的短いスパンで3C分析を行うと良いと私は考えます。

ありがとうございました。

 

ドメイン

おはようございます。EVEです。今日は、ドメインについて書きます。

ここで説明するドメインはインターネット関係のドメインでなく、事業領域を表すドメインになりますのでご了承ください。

ドメインとは長期的な自社の成長を考え、経営資源を効率的に投入していく市場生存領域のことを指します。また、企業は自社の経営資源に合わせ、または競争地位に応じて生存市場を限定していく必要があります。この説明だけだとわかりにくいので、具体的に述べていきます。

ドメインは主に3つの規定軸によって決められます。

  • 顧客機能・・・顧客のどのようなニーズに対応するか(What:何を)
  • 顧客層・・・ターゲットとなる顧客層は誰か(Who:誰を)
  • 独自能力・・・どんなコア・コンピタンスを用いて、どのように提供するか(How:どのように)

ドメインを決定するにはこの3つの規定軸が必要不可欠です。

ここで具体例を挙げたいと思います。ユニクロとGUを例に取り、比較してみます。まずは、ユニクロです。

(ユニクロ)

  • 顧客機能・・・品質の高い商品を提供
  • 顧客層・・・老若男女問わない、幅広い客層がターゲット
  • 独自能力・・・誰でも着やすいデザインで、高品質な衣類を比較的お手頃な価格で提供

(GU)

  • 顧客機能・・・デザイン性の高い商品を提供
  • 顧客層・・・10代後半~30代がメインターゲット
  • 独自能力・・・流行やトレンドを取り入れた衣類を安価で提供

3つの規定軸をもとに2社について比較しましたが、いかがですか??ユニクロとGUの親会社はどちらともファーストリテイリングですが、事業領域が少し違います。これは、カニバリゼーションを避けるためのドメインのすみわけと私はとらえています。

*カニバリゼーション・・・共食い

ドメインの決定はマーケティングを行う際に重要になります。私たちの企業が生存している競争市場はもの凄いスピードで拡大、縮小、及び変化します。その度に、私たちはドメインの定義を再度考え直す必要があります。なぜならば、顧客ニーズや対象顧客が変化しているにも関わらず、今までと同じ商品やサービスを提供することは企業にとって非常に危険であり、衰退する一方だからです。よって、私たちは競争市場を常に分析し、小さな変化や違和感を感じた際は、ドメイン(事業領域)を再度考え直し、市場や対象顧客の要求する商品やサービスを提供しなければなりません。そうすることで、企業の長期的生存を実現することができると私は考えます。

ありがとうございました。

経営理念・経営目標

おはようございます。EVEです。

今日は、経営理念と経営目標について書こうと思います。

経営理念とは、企業の経営活動について、経営者が一般的に表した基本的な考え方(企業を導くための、考え方や指導原理)を示すものです。企業が存在する理由、企業の行動活動方法、及び方向づけを与える考え方です。つまり、経営者、従業員が組織人として活動する際の拠り所となるものです。

経営理念にはいくつかのタイプがあります。

  • 「行動規範タイプ」    (例)チームワークを大切にし、誠実に仕事をする
  • 「存在意義タイプ」    (例)商売を通じ、社会に貢献する
  • 「組織価値タイプ」    (例)もっと楽しく、もっと面白く    など

もっとたくさんタイプはあると思いますが、主要なタイプを挙げました。いかがでしょうか?皆様が所属されている会社の経営理念はどのタイプですか??経営理念は企業の存在価値や企業が大切にしていることを表しているので、経営理念を意識し、働くことは非常に大切になります。

次に、経営目標です。

経営目標は、経営理念を具体的に表したものであり、組織構成員の活動範囲や方向性、あるいは経営活動を行うことで到達したいゴールを示すものです。

経営理念と経営目標は似ているようで違います。経営理念は、一般に抽象的な表現をとります。そして、その経営理念を具体化したものが経営目標になります。

では、具体例を挙げます。

経営理念・・・社会にとって貢献できる企業になる

経営目標・・・最高水準の「技術力」「品質」「安全性」を世の中に提供し、必要とされる企業になる

上のようにほとんどの企業が抽象的理念から具体的目標を掲げ、企業活動をしているのではないでしょうか。

今日は経営理念と経営目標について書きました。この2つは企業にとって非常に大事なものです。なぜなら経営理念と経営目標をしっかり定めておかないと、企業の方向性を見失う可能性があるからです。また、その企業で働く従業員も自分たちの会社が何を目標にしているのか、将来どのように進んでいくのかを把握しておかないと、いつか間違った行動や考え方をしてしまう可能性があります。このようにならないためにも、経営者及び従業員の拠り所となるような経営理念・経営目標を定めることが大事です。そうすることで従業員及び企業全体が同じ方向を向き、日々組織活動を行うことで企業は成長し、社会にとって必要な存在になっていけるのではないでしょうか。

ありがとうございました。

 

「仕事」はスポーツ

 初めまして。私は中小企業で働いている27歳の男です。

名前はEVEと申します。(外国人ではないです。生粋の日本人です。)

私はこのブログを通じて、生きていく上で切り離すことができない「仕事」というものへの考え方や取り組みについて私なりに思うことを書いていきたいと思います。

 私がいつも前提にしていることがあります。それは次のことです。

「仕事」はスポーツです。仕事で成果を上げないといけない機会「試合」で最高のパフォーマンスを発揮するために、我々は日々日頃から日常業務、自己啓発及び資格勉強などの「練習」を積み重ねていきます。全ては「仕事」というスポーツで最高のパフォーマンスを披露し、喜びと満足、そして賞賛を浴びる為に。

これはどこかの本に書かれている文章とかではなく、私が考えたものです。(笑)

なので、ちょっとぎこちない文章になっているかもしれないですが、そこは許して頂けると幸いです。

 私がこのように考えるきっかけになったことが2つあります。まず1つ目は、私がずっとサッカーをしているということです。小学校の時からずっとサッカーをしており、社会人となった現在もサッカーとフットサルを月に2回ぐらいの頻度でしています。なので、スポーツを身近に感じているという理由が挙げられます。2つ目は資格勉強をしているということです。私は一昨年から、中小企業診断士の資格取得のために日々勉強しています。中小企業診断士の資格は、中小企業の社長の方に経営アドバイスを行うことができる資格となっております。そのため、資格試験の出題範囲も幅広く、中々合格するのが難しい状況にあります。

よって、スポーツを現在も続けており、自己啓発の一環として資格の勉強も行っているという2つのことが、冒頭で私が書いた考え方に至った経緯です。

中小企業診断士の資格勉強で得た知識は普段の仕事にも十分使えます。なので、私は中小企業診断士の資格取得を目的としつつ、ここでは、仕事における「試合」の準備として、仕事に少しでも役立つ知識「練習」を中心に書いていきたいと思います。

このような長い文章を書くことにあまり慣れていないため、読みづらい記事も出てきてしまうかもしれませんが、読んで頂ける方にできるだけわかりやすい文章で書きたいと思いますので、よろしくお願いします。

頑張ります!!

そして、私がこのブログを書き続けることで、少しでも皆様のお役に立つことができたら、これ程嬉しいことはありません。

これからもよろしくお願いします。